ホースメン会議の口コミを検証しました

ホースメン会議では、引退してただの中卒に戻った元騎手や元調教師が競馬予想しています。

その結果たるや散々なもので競馬サークルからでた人間はただの中卒であるという格言が身にしみますね。

彼らは競馬に詳しくありません。なぜ、と思うあなたは競馬関係者を過大評価しています。

▽佐藤哲三 2017春のGⅠ馬券プレゼント
6戦   600,000円投資
払戻   75,600円(的中ガミ1回)
収支  -524,400円
回収率   12.6%

どのでしょうか一般人よりも酷いと思います。彼らは競馬というシステムの一部にすぎません。

つまり、競馬の内情には詳しいかも知れないですが競馬予想というのは外の目が必要になるため予想力が素人なのは当たり前なのです。

こうした元関係者を率いたホースメン会議という競馬予想サイトは昔から手口が変わっていません。

これで本当に勝てるのか疑問が残ります。当たったという記事が掲載されていますが、これは広告記事であり料金を支払い書かせたもの。

本当の評価は知りたいのならホースメン会議の口コミを注意深く情報を探してみることをオススメします。

私が言うことは間違っている可能性があるからです。もしかしたら競馬予想が上手い元関係者なのかもしれない。

でも、今では約10年間も競馬予想を公開しプラスにしてきた競馬予想サイトがあります。

そういった所を活用していく方が時間の節約になるのではないでしょうか。

もし、投資競馬で勝ちたいと本当に思うのなら、あなたの見る目を向上させることでしか叶いません。

良い予想か分からない人に良い競馬予想サイトが分かるわけないですよね。

どこを使おうが考え方がダメな人は何をやっても成果なんてでないんです。

史上最強の競馬予想ソフトがあったとしてもマイナスになるでしょう。

競馬に対する思い違いを正さないことには良い競馬予想サイトなど見つかるはずもありません。

予想屋マスターの口コミを検証しました

長く運営されてきた割に競馬予想を公開したことがないようで実力のほどが分かりませんでした。

一口馬主をして競馬関係者と写真を取るのはグレーゾーンのようですがJRAには嫌われる行為でしょうね。

また、ツイッターやフェイスブックのフォロワーはいくらでも買えるため信頼できるかの指標にはなりません。

あまり使われていないようなものや新規アカウントが多くフォロワーにいる場合は偽装の可能性が高いです。

ブラックキーワードの天才を自称していたり怪しさ満載。そんなに自信あるのなら公開予想でもすればいいと思いませんか。

以前にそう言った人もいるのですがオッズが下がるという最もらしい理由で却下されてました。

JRAには公認の予想屋はないため実質素人という括りで見るべき人ではないでしょうか。

色々と口コミを見ると的中率が低く馬券の買い方でごまかしている感がアリアリ。

競馬予想ソフトでもあるのですが、普通に買っていたら実践困難な馬券の買い方があります。

それは高配当にターゲットされているもので的中率は数%でも珍しくありません。

これは誰もマネできないため高配当が当たればプラスになるのですがリアル資金では破綻するためバーチャルでしか成立しないのです。

あたかもこれを投資競馬と呼ぶ大変リスキーな競馬予想サイトが多く存在している。

予想屋マスターを実践して儲からないと感じているのなら、この点をしっかりチェックしてみてください。

ここに書いてあることがあてはまるのなら今すぐやめないと大損するかもしれません。

しっかり公開予想してきた実力を証明している競馬予想サイトだけを選ぶようにしてください。

競馬予想サイトの95%は収益がでていません。それなのにこれだけ氾濫しているのはなぜでしょうか。

そのあたりをしっかりと考えることができれば選択肢は限られることに気づくはずです。

競馬予想keibasite.com口コミ検証

独自の競馬予想手法を駆使して9年プラス収支を達成しているのがkeibasite.comです。

無料公開された予想ではフェアリーS馬単20,000円を2点、京都記念の3連単16,070円を6点(3連複1点)で的中させていました。

万馬券的中ツイート

リアルタイムにツイッター公開されたことから改ざんは実質不可能。確かな実力を兼ね備えた実力派の競馬予想サイトであることに疑いの余地はありませんでした。

また、競馬関係者に情報提供しているエージェント集団を抱えており、そのパドッック診断は恐ろしいまでの精度を誇っていました。

競馬関係者よりも確かな眼を持っているとなれば、これほど心強い競馬予想サイトもそうはないでしょう。

その実力は間違いなく競馬予想サイトの中でもトップクラスであり投資競馬を実践したい人にとって最適の選択肢だと思います。

そこで競馬初心者の私も即PATを契約し検証をかねて実践してみることにしました!

最近は競馬理論がグレードアップしたとのことで的中率40%を確保できていました。

ただ、確率的に考えれば分かることなのですが、的中率が良い予想屋は人気馬から買うことになるため収支が伸びにくい

そのため収益において一進一退を繰り返しやすくなります。

しかし、keibasite.comでは記載されているオススメの穴馬を上手く活用していくことでカンタンに回収率を伸ばすことができるのが魅力だと思いました。

↓NHKマイルカップ2017の穴馬を買ってみました

本命・穴馬券どちらにも対応できるため状況に応じてマルチな買い方もできるのではないでしょうか。

keibasite.comで注意すること

keibasite.comは、単なる予想屋だけには収まらず収益性の高いロジックを各自で構築することを重視しています。

単純に買い目に乗るだけでも利益はでますが、それ以上の収益性を求めるなら『あなたも努力してください』ということでした。

どう努力すればいいのか?これはすごくカンタンで1つのファクターで買い目をカスタムするだけ。

もともと提供される買い目を自分色に染めていく作業と言えばわかりやすいかな。

会員が急増中とのことで今から自分だけの手法で対策しておいてくださいということなのでしょう。

みんなが同じ買い目を買えばオッズは下がります。

しかし、券種ごとに売上が違うことから自分にあった券種でカスタムすると他とかぶらなくなり利益がでるオッズゾーンを確保できるとのことでよく考えられてるなと思いました。

現在、紹介でしか会員になれないとのこと。幸いにも私は権利を持っているので検討している方はメールアドレスを記入の上コメントしてください。

参考サイト:みんなの競馬必勝法

卍指数の投資競馬の口コミを検証しました

卍氏は、競馬税金裁判で有罪になった人です。その罪名は脱税として司法に裁かれました。

その手法を信じて情報購入をしてみた人たちの口コミ評価は期待はずれに終わったようです。

競馬専門家からは旬の過ぎた投資馬券の手法と言われていた通り、いまではリスクの方が高いのかもしれません。

この卍氏の手法は多くのレースを購入することになり調子が良ければ少しずつ利益が生まれてくる。

しかし、いったん調子が悪くなってしまえば湯水のごとく資産がなくなっていくリスクが指摘されています。

そのことに触れられておらず都合の良いデータがブログに並ぶのはいかがなものでしょうか。

かなりリスクが高いことを周知しておかなければ破産に近い状態に追い込まれる人がでてきます。

そうなってからでは遅いため普通に馬券を買うよりもリスクがあることを周知すべきだと思います。

卍氏が成功した時は3連単が導入され始めた時のようでオッズにバラつきがあったのだとか。

そのバラつきを上手く利用した買い方で成功したということを忘れてはならないでしょう。

そうなってはいない今では運用が厳しく将来性も大きく見積もらない方が賢明です。

一時期は宣伝のためか2ちゃんねるに「卍のことだよ」という活動していたことも報告されています。

とにかく良いことばかりを真に受けず、かなりリスクが高く破産に追い込まれる可能性があることを知っておいて欲しい。

新規お断りのヤフオク業者IDと取引してはいけない理由

かつてヤフーオクションと呼ばれていた名称は今では略称だったヤフオクがサイト名になっています。

今では熟成された市場となったため良いものを安くというよりは、いま自分の欲しいものを探す場に切り替わってきました。

そこでオークションを見てみると取引したことのない新規はお断りという文句を目にしたことがあるかと思います。

こういうことを書くIDはストアでは少ないものの業者では意外と多く戸惑った新規の方も多いのではないでしょうか?

結論を言いますね。こういった新規お断りの業者とは取引をしないでください。

そういった業者は、利用者ファーストではないため一旦トラブルになると誠実な対応が期待できません。

つまり、トラブル対応が面倒だから新規はお断りとしているのであり、何もなければいいですがトラブルでの返金は期待できないでしょう。

もちろん業者にも言い分はあると思います。ヤフオクの手数料などの問題があることは知っています。

しかし、これはヤフオクのシステムが悪いのであり、そのせいで利用者に不便をかけるべきではありません。

この悪習慣が蔓延しているヤフオクの土台は腐りつつあり、ほかの有用なシステムができれば一気に廃れる可能性は常にある。

もし、そうなったら業者は移行することになり、そのままヤフオクのID名を転用するはずです。

そう考えるとID名は資産と言えるのではないでしょうか。その資産を有効活用するために利用者を差別するような悪習はいますぐやめた方がいい。

いくつもの商売を見てきましたが利用者に嫌われて生き残った商売人はいません。ヤフオクの10年後は安泰と思うのならそのままでもいいでしょう。

そうでないと思うのなら一部の悪質ユーザーのために善良なユーザーに不便を強いる業態では破綻は免れないとアドバイスしておきます。

不倫の証拠で探偵に依頼は危険!

いま、相談料だけせしめる探偵社が異常に増えてきています。探偵は資格業ではありません。

公安委員会に届け出をだし認可されれば誰にでもなることができるのが探偵なのです。

その点から探偵社の質はピンキリと考えるべきで安易な利用は避けたいところ。

もし、安心なところを探しているのであればコメント欄にてお知らせください。

不倫問題に強い探偵社を探しだすことで、あなたの問題を早期に解決するお手伝いをします。

いまや探偵社は激増しており信頼できる探偵を探すのも実に労力がかかります。

1ヶ月10万円も支払ったのに何も成果がなかった!なんてことになっては不倫問題も片付かないですよね。

しっかりと不倫の証拠を抑えて次の人生を歩むスタートを切るためにも探偵社えらびは大切です。

弁護士お助けWEBでは困っている方をサポートしてから10年の経験とノウハウがあるので最短で問題解決にあたることができるのです。

もしかしたら感情的になってインターネットを検索しているのではないでしょうか。

そういった状態では冷静な判断ができず返って問題を悪化させることがあります。

一度冷静になるためにも弁護士お助けWEBにお気軽に相談してみてくださいね。

競馬予想サイト評価マスターは口コミ評判レビューは悪質な違法行為!

競馬予想サイト評価マスターは、ロクな調査もせずにテンプレートの使い回しで既存の競馬予想サイトを悪質悪徳あつかいしている口コミサイト。

こういった違法サイトは定期的に出現するのですが、ほとんどは訴訟という展開になることで自滅して消えていきます。

この競馬予想口コミサイトがイチオシにしている競馬予想サイトはすべて特大のリスクを抱えている可能性があるので注意!

逆手に悪質な可能性が高い競馬予想サイトを教えてくれるというのは助かります。

これを利用して健全な競馬予想サイトを利用することができれば御の字ですからね。

弁護士お助けWEBでは、下記サイトは悪質競馬予想サイトだと考えています。

これは競馬予想口コミサイトが行っていたアフィリエイト報酬による暴走でも取り締まれない提携先にも問題アリだからです。

自分たちの広告先をコントロールできないのに良質な競馬情報を扱っていると言われても説得力がないですよね。

なかには幽霊会社のようなものまで存在していることから、あながち遠からずだと考えているのですがあなたにはどう見えますか?

また、下記のような競馬予想サイトは、ほかの口コミでも絶賛されており自作自演ではないかという疑いがもたれるところ。

競馬予想ではなく競馬予想の口コミを頑張るというのは悪質競馬予想会社に共通している1つのテーマとも言えます。

しかも、その口コミの内容が抽象的なものばかりで全く参考にならない。そもそも、オッズが下がるのに儲かったと報告したいですか?

悪質な競馬予想会社は、同時に悪質な出会い系サイトを運営していたりウィルスを仕込んでアダルト画面を表示させるなどの手口と関連性が疑われています。

こうした似たような口コミの手口は、探偵が競馬予想会社からスピード返金を実現する!などのフレコミでも見ることができる。

だまされた人は二度だまされる。これは統計で分かっているので実に理にかなった手口と言えるでしょう。

そのどれもが関連性のあるサイトである場合、あなたの手には負えない悲惨な結果が待っているのかもしれません。

安易な口コミには乗らない!口コミサイトには書き込まない!

不安な人はこの2つを徹底して守ってください。あなたが無料情報で怒りのあまり書き込んだことが犯罪幇助になるのは嫌でしょう?

ましてや取り調べを受けるなんてことになったら被害は甚大ですので慎重な行動を取っていく必要があります。

  • 競馬スピリッツ
  • ギャロップジャパン GALLOPJAPAN
  • 高配当21
  • 勝馬伝説
  • 競馬リンクス 競馬Links
  • 競馬劇場
  • 千軍万馬
  • 競馬オンライン 競馬Online
  • ターフビジョン
  • ハイボルテージ
  • ハイブリッド

クローンのようにいくつも量産!競馬予想口コミサイト

赤枠は優良とされている口コミになります。

その数や並びの類似性から、その同一性は指摘するまでもありません。いくつも転用しながらサイトを増やしているのでしょう。

なぜ、そんなことをするのか?グーグルやヤフーの検索結果を汚染するためです。

こうすることで優良な口コミしかないように見せかけ詐欺に誘いこむのがいま流行の手口なのです。

もうインターネットの情報は操作の時代に入っており、特に口コミにおいては情報源がどこなのかで参考するか決めるべきです。

あなたに良い情報を与える人よりも、あなたを陥れようとする人の方が何十倍もいると認識しておくべきでしょうね。

競馬検証.comの口コミ評判の価値は?

競馬予想サイトの口コミサイトは「善意の人間」が運営しているわけではありません。

むしろ、広告料をもらっているという形態から逆のケースが圧倒的に多いのです。

その口コミサイトのレビューは管理人なら何とでも書けるため情報ソースとしての価値は低いとみるべきでしょう。

とくに優良・悪質サイトと分けていたり、当たってるかどうかもハッキリしない配当を掲載しているのは優良誤認にあたる可能性があります。

競馬検証.comはどうでしょうか?あなたが儲かったら、その話を誰かにしようとしないですよね。

しかも、どこの誰が運営しているかも分からない口コミサイトならなおさらでしょう。

また、会社住所を調べて優良とか判定しているサイトがありますが実際は幽霊会社ばかり。

いつでも倒産するようなペーパーカンパニーと見ておくのが妥当なところだと思います。

競馬情報は家電製品のように高評価ズラリの口コミなんてまずありえません。

特に何百万も儲かったなんて話はまずウソですので信用ないことが自身を守ることにつながります。

てるみくらぶのようなイイ加減な詐欺まがい会社が増えている

旅行代理店「てるみくらぶ」が破産を申請しました。その数日前までお客にツアー代金を振り込ませていたのだから悪質です。

こういった誠意のかけらもない会社は今後はどんどん増えていくでしょう。特にインターネットの口コミ業者を使えば印象操作など実にカンタンなのですから。

DeNAが間違った医療情報のまとめを作成していたことが問題になりましたが、あの問題の本当に気をつけないといけないことは情報操作ができてしまっていたという事実にあります。

ある程度の規模を持つネット関連会社なら検索結果を都合よく書き換えられることを証明したといっても過言ではありません。

そういったこともあり今後はインターネットの情報や口コミを無条件では信用できない時代になったと言えるでしょう。

もう日本社会が詐欺の空気で淀んできています。まず、日本政府の年金システムからしてねずみ講であり社会保障システムが一部の公務員だけ手厚いのが現状。

そういった背景がまずあって国民の財布のヒモがかたい。これを切り崩すために魅力的な話で釣ろうという会社が多くなる。

この「てるみくらぶ」を国がどうこう言うのは滑稽な話です。いうなれば詐欺の親玉が子分をしかりつけるようなもの。

いまの日本政治を国民が放置し続ける限り詐欺はどんどん増えていくことは間違いありません。そういう計画倒産会社がでてきたら日本社会衰退の象徴として取り上げられるようになるでしょう。

被害者の方は「てるみくらぶ」だけでなく国にも文句を言うべきです。国民から労働力と賃金を搾取しつづけてきた張本人であり、こうした現状を招いた元凶なのですから。

臭いものにフタをしたら見た目はごまかせても臭いはごまかせません。そろそろ既得権益だけに向けた政治のあり方を糾弾すべき時期がきたのではないでしょうか。

国のシステムが詐欺・収奪的なのだから、その下で管理される会社に詐欺まがいが増えてくることは当たり前。てるみくらぶを否定するのなら今の日本を否定しなければ根本的な解決にはなりません。

レジまぐは信頼できるのか?口コミ検証

競馬予想だけでなく各種ギャンブルの情報販売プラットフォームを提供しているのが「レジまぐ」です。

その手数料として3割ほど引かれるようですが、これを高いと見るかは人それぞれでしょう。

では、このレジまぐの読者として信頼性があるのか気になっている方は結構いるのではないでしょうか?

結論から言います。運営なら結果の捏造は容易なので信頼性が高いということはありません。

あくまでそういうことができるというだけで何か証拠があるわけではないのでご注意を。

絶対に運営が情報配信を行っていないという保証がない以上は、発行者と読者ともに不利益を被る可能性は考えておくべきでしょう。

やたらと結果で煽ってくるようなメールマガジンが多く悪質業者に見られる点も気になるところ。

それでも競馬予想家と出会える可能性があることを考えれば一度は利用してみるのもいいと思います。

しっかりとした競馬予想家とめぐりあえれば目的は達成できるわけですからね。

それ以上に宣伝上手な所ばかり目立つのが競馬予想業界ですのでしっかりと実力を見極めることから初めて欲しいと思います。

関連記事:レジまぐ退会・解約の前に